machi no culture cafe

まちのカルチャーカフェ

まちのカルチャーカフェ

「テーマ:宗教を語ろう VOL.1「なぜ宗教はあるのか?」」
23
宗教に関するいろいろな事件で亡くなった人がいる一方で、宗教は人生を豊かにするという考えもあります。一体、宗教は何のために存在するのでしょうか。また良い宗教、悪い宗教というのはあるのでしょうか。そして私たちは宗教とどのようにつきあったらよいのでしょうか。正解はない問題ですが、皆で一緒に考えませんか。

◆話す人 藤井 健志
(東京学芸大学教授 専門は宗教学)
NPO法人東京学芸大こども未来研究所理事
東京学芸大学出版会事務局長
1954年生まれ。東京練馬の石神井公園育ち。立川市在住。東京大学大学院人文科学研究科(宗教学・宗教史学専攻)修了。國學院大學日本文化研究所嘱託研究員を経て、1986年学芸大学に着任。広い意味での専門は日本近代宗教史、狭い意味での専門は戦前・戦後の仏教、新宗教の海外布教研究。学芸大学の中では多文化共生教育コースで、宗教や教育支援を教える。