machi no culture cafe

まちのカルチャーカフェ

まちのカルチャーカフェ

「ライフシフトの時代Vol.2 ライフシフトの技(わざ)」
18
人生100年時代、職も暮らしも生き方も急速に変わりつつある今、人生(LIFE)をなぜ、どのように変えれば(SHIFT)よいのか。おとなも子どもも何が必要で、何を学べばよいのかを考える。今回はライフシフトを実践するのに必要な「人間関係の作り方」などの技を経験者から掘り起こします。

◆話す人 堀池 喜一郎
(好齢ビジネスパートナーズ、多摩CBネットワーク世話人)
大学卒業後、電機メーカー勤務を経て、2000年高齢者の地域参加プラットホーム「NPO法人シニアSOHO普及サロン・三鷹」を創設、代表理事となる。2004年竹とんぼづくりで交流する「どこ竹@竹とんぼ教室」設立。2009年「多摩CBネットワーク」設立。同時に200人のブロガーを育成。2012年「好齢ビジネスパートナーズ」を設立。「Tokyo笠間学会準備会」代表世話人。現在、東京都三鷹市と茨城県笠間市との「二地域居住」の生活をしている。

◆聞く人 倉持 伸江
(東京学芸大学准教授・教育学講座生涯教育学分野)
おとなの学びとその支援、地域での学び合いを支えるスタッフやボランティアの力量形成とその組織について、研究と実践に取り組んでいる。現在、公開講座「学び合いを支える実践力を培うーコミュニティ学習支援コーディネーター養成講座」を開講中。